支える会PRESS

辰巳会長の助手の皆さんにご協力いただき、相模原市立鹿島大小学校で3クラスの子供たちを対象に「大豆100粒運動を支える会・味噌汁教室」を開催しました。

大豆栽培だけでなく、学校の栄養士さんや地域のの方、保護者の協力を得て、お味噌や豆腐の加工に取り組む学校もあります。特に神奈川県の地大豆「津久井在来」は、相模原市の栄養士による津久井在来の手作り味噌が給食に使われるようになるなど、「子供たちを安全な国産大豆で養いたい」という運動の志が少しずつ実現されています。

<< 前へ    Index    次へ >>